手頃な料金で受けられる美容対策に使える手術

目の悩みは手術で解消

カウンセリング

理想の目を手に入れる方法

一重や奥二重、腫れぼったい瞼など、目に関するコンプレックスを持っている女性は多くいます。しかし、そのようなコンプレックスは、整形手術を行うことで解消することが出来ます。整形手術と聞くと、痛そう、高そう、怖い、というイメージを持っている人も多くいましたが、近年そのイメージは変わってきています。プチ整形という言葉が流行したこともあり、気軽に安く受けられることが認知されはじめ、整形手術を行う女性は年々増えていると言われています。とくに、目の二重手術は簡単で、仕上がりもばれにくいため行う人が多いのが事実です。手術を受ける流れとしては、まずはクリニックを探すことから始めます。美容目的の医療行為は保険が効かないため、クリニックによって費用が大きく異なります。そのため、様々なクリニックのホームページなどをチェックし、実績や費用などを見ながら自分に合うクリニックを探しましょう。いくつか候補があがったら、実際にクリニックへ行きカウンセリングを受けます。カウンセリングは無料で行っているところがほとんどなので、気軽に行ってみましょう。カウンセリングにて、手術の具体的な方法や費用、保証などについての説明を聞くことが出来ます。納得いくクリニックが見つかったら、予約をし実際に手術を受けます。費用はクリニックによって異なりますが、10〜20万円程度が相場です。ただし、片目のみの場合、再手術を希望する場合などによっても費用は前後するので、カウンセリングにてしっかり確認しておくようにしましょう。

では、具体的にはどのような手術を行うのでしょうか。二重にするための整形手術は大きく分けて、埋没法と切開法という2つの方法があります。埋没法とは、まぶたを特殊な糸で留め二重ラインを作り出す方法で、切開法はメスを使いまぶたを切開して、ラインを作り出す方法です。埋没法のメリットは、皮膚を切ることがないため術後の腫れが少ないこと、費用が若干安いこと、控えめで自然な二重に出来るということです。また、糸を抜いてしまえば元通りになるため、仕上がりが気に入らない場合や、元の目に戻したい場合などは糸を抜くことも可能です。切開法のメリットは、効果が永久に持続するということ、よりハッキリとした仕上がりになるということです。メスを使うため、術後の腫れの時間は長引きますが一度つけたラインは消えることなく、効果を持続させられます。埋没法に比べ費用は若干高くなりますが、ハッキリした線を付けたい、という人にはおすすめです。このように、どちらの方法にもそれぞれメリット、特徴があります。どの方法が良いかは、クリニックの医師と相談しながら決めると良いでしょう。実際に手術を受けた人の画像なども見ながら考えると、イメージが湧いておすすめです。また、どちらの方法でも基本的に手術は15分程度で終わり、日帰りが可能です。当日から3日〜1週間程度は、メイクやコンタクトの使用を控えるように言われるので、しっかり守りましょう。整形手術を行い、コンプレックスを解消して自信を手に入れれば、より人生が楽しく過ごせます。

Copyright© 2019 手頃な料金で受けられる美容対策に使える手術 All Rights Reserved.